Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」

■刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」

脚本:上江洲誠 絵コンテ・演出:元永慶太郎 作画監督:池上太郎、中村和久、又賀大介、板垣敦、中田正彦

とがめの死。10話で自分はとがめのために戦っている、ということをしっかりと自ら確かめることができた七花の横を無情にも銃弾が横切っていくわけです。そして、11話で右衛門左衛門が二人の関係を裂きますよー、と言わんとばかりの演出がなされていたわけですが、結果的にそれは覆せなかったわけなんですよね。アァ、なんと無情なのでしょうか。

とがめの死に際での会話は一言一言に引き込まれる魅力がありました。とにかく圧巻。あの言葉一つ一つのパワーとは何なのでしょうか。とがめは七花を殺すつもりだった?否。そんなことは言わなくてもわかりますよね。すべてが強がりだった?・・・しかしながら、それがわかるのはとがめ自身だけなのです。彼女は最後まで全てを駒として扱う奇策士であろうとした。だからこそ、最後のとがめとしての一言が響きます。「それでも私はそなたに惚れても良いか?」と。

その後、城へと単独で乗り込む七花。十三階段を一階一階上っていくごとに、これまで入手した変体刀と対峙することによって、これまでの旅で闘った相手と振り返ることとなっているわけですよね。こういう振り返りは最終回らしいけれども、やはりなかなか面白い構成ですよね。12ヶ月という月日を共に追ってきた視聴者の身としても、なんだかこれまでの話を振り返っているようで胸が熱くなるものがあります。そして、これまで闘った刀ともう一度闘う・・・なんて部分にも非常にゲーム色を感じたり。構図も毎階、階段を上っていく部分は統一されていましたしね。面白い。面白いけれども、いい意味で非常にストイックなフィルムだなー・・・なんて感じました。

そして、七花はその相手を否定する。相手を否定することによって、七花は自分のこれまでの道のりを肯定しようとしている気がしました。とがめとの旅の結果としてとがめの死が待っていた。だからと言って、自分はとがめとの旅をいうものは否定したくない。だからこそ相手を否定しなければならなかったんですよね。とがめとの旅というものを自分が肯定せずに誰が肯定してくれるのか・・・と。戦前のとがめとの回想がそれを物語ってる気がするんですよね。

人間へと成長した七花が、一転して単なる「刀」のように、冷酷に一騎当千していくわけですが、「刀」とは大きく違うんですよね。とがめを失った悲しみと怒り。そして自ら考えて動くこと。これこそ「人間らしさ」なのではないのでしょうか。人間であり、完了形変体刀でもある。そして、死のうとしている。これほどまでに強い人などそういないでしょう。

未来を改竄しようとした四季崎記紀の思惑に、そのつもりはなくとも巻き込まれていき未来と戦うこととなっていた七花たち。そして、その七花自身も完了形変体刀・虚刀「鑢」で未来からの産物だったというのだから驚き(前回の話)。気がつけば、本当に壮大な物語となっており、「大河アニメ」なんて言葉がしっくり・・・いや、そんな域を越えてしまうような物語でした。結果的には四季崎記紀の目的だった歴史の改竄など行われることもなく、何かが変わることもなくまた再びこういった世の中が続いていくことになる・・・というオチだったわけですけどね。

ラストは七花と否定姫は二人で傷心旅行・・・といった感じで考えればいいんですかね(笑)?否定姫は美味しい役回りだなー・・・なんて視聴者目線で感じてしまいますが、形は違えど、お互い大事な人を失った、という意味では同じなんですよね。そして、行く宛もない、という点でも。


いやはや、本当に素晴らしい最終回でした。別れがあり、これまでの道のりを振り返る場面があり、そして全てを終わりにする闘いがあり、最後には「ちぇりお!」があり・・・最終回らしい最終回だと思いました。本当に圧巻。もう・・・大好きですね、この最終回は。敗者に、夢が砕けてしまった者に、希望を持つことができる物語。つまりこの『刀語』はそういう作品だった・・・というのが最後の最後で明かされます。なるほどなー・・・なんて思ってしまったり。よくよく考えてみたら、この作品は勝者なき物語なのかもしれませんね。全てが敗者。だからこそ、その敗者にも希望がある物語と呼べるのかもしれません。最後の最後には何も変わりはしなかったけれども、それでも“何か“が残る物語。そんな風に考えると何だか素敵ですね。

月1での12ヶ月放送・・・というのはなかなか新しい試みでした。やはり、1年間の付き合いというのは、どこか作品に対しても特別な感情を抱いてしまいますね(笑)。この新たな試みが、何らかの実を結んでくれると嬉しいと思います。もしくは、次に繋がる何かがあればなー・・・なんて。

スタッフ・キャストの皆さん、1年間本当にお疲れ様でした。本当に純粋に楽しかったです。

〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ




関連記事

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック

['10秋期終了アニメ]刀語 | コメント:2 | トラックバック:32 |
<<パンティ&ストッキングwithガーターベルト 第11話 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ガーターベルト/ナッシング・トゥ・ルーム」 | HOME | とある魔術の禁書目録 第10話 「速記原典(ショートハンド)」>>

この記事のコメント

叶わぬ願い、挫折の物語、『刀語』。
アニメだと、やや分かり難いんですが実は、とがめ(七実)と衛門左衛門の願いだけは叶ってるんです。七花と否定姫の生存だけは。
いや、原作既読者から見ても文句のつけようもない素晴らしいアニメでした。
感想お疲れさまでした。
2010-12-11 Sat 22:43 | URL | クロウ #-[ 編集]
コメントありがとうございます!

>実は、とがめ(七実)と衛門左衛門の願いだけは叶ってるんです。七花と否定姫の生存だけは
おおっ、なるほど。だからこそ、挫折した者にも希望があるお話である・・・ということだったのですね。

>いや、原作既読者から見ても文句のつけようもない素晴らしいアニメでした
作り手側が聞いたら本当に喜ぶであろう言葉だと思います。
そして、原作未読者の自分もとても楽しめるアニメでした。

>感想お疲れさまでした
こちらこそ、ここまで読んで下さいまして感謝です。
ありがとうございました。
2010-12-11 Sat 22:58 | URL | サンキョー #9fpR9nnU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

 刀語  第12話 『炎刀・銃』 感想  最終回    次のページへ …
2010-12-11 Sat 03:25 荒野の出来事
刀語(第12話) すばらしかった! 何がというわけではなく全てがすばらしかった!! あっという間の1年。 この1年は本当に毎月毎月が楽しみでした。 おっ、1月になったから刀語だ! おっ、2月に... …
2010-12-11 Sat 04:06 維新蕩れ
一年間に及ぶ大河アニメ、ここに完結。 ◇とがめの死 思っていた以上に悲しさを感じず、淡々と受け入れてしまいました。 とがめが余りにも自分の死に対して受け入れていたからですね。 むしろ死ぬことで... …
2010-12-11 Sat 04:55 シュミとニチジョウ
「言葉は嘘でも 気持ちは・・・嘘では、ない」 刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2 (2010/12/22) 岩崎琢 商品詳細を見る …
2010-12-11 Sat 06:33 狼藉者
生きるという命令を守るつもりも無い。自らを守れと言う命令を守る気も無い。 右衛門左衛門はとがめに致命傷を与えたものの即死はさせず、七花に「何と言って死ぬのか」聞くように促します。 自身の死を理解したとがめは七花に遺言を託します。「自分が死んだら『ちぇりお... …
刀語 第12話(最終話) 『炎刀・銃』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇... …
2010-12-11 Sat 13:02 刹那的虹色世界
 まさかそういう終わり方をするとは…… …
2010-12-11 Sat 13:12 つれづれ
黒歴史ならぬ嘘歴史。 全ての物語の結末を今宵。 全ての視聴者にありがとう。 拳銃 VS 無刀 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、 尾張幕府へと謙譲されてしまう。 そし... …
2010-12-11 Sat 13:45 ひえんきゃく
刀語 第12話 「炎刀・銃」 一年越しの物語もいよいよ最終回――― …
2010-12-11 Sat 14:23 アニメは日本の文化遺産
いろいろな意味で、心に残る物語になりました。刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 の感想です。 …
2010-12-11 Sat 14:58 メルクマール
とがめの死を持って完成した変体刀・虚刀流「七花」。 四季崎記紀の目論みとは、歴史の改竄。 尾張幕府の終わりであった…? ▼ 刀語 第12話 「炎刀・銃」  最期に際して、とがめは、七花に言ってきたことは全て嘘だと語る。 七花を利用するために自分すらも... …
2010-12-11 Sat 15:39 SERA@らくblog
刀語 #12 炎刀・銃 771 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 02:34:04 ID:HbBdAe3uP これはいい新婚旅行EDだった 773 名前:風の谷の名無しさん@実況は実... …
2010-12-11 Sat 17:20 HISASHI'S ver1.34
これにて『完了』 それは12本の不思議な刀をめぐる戦いの記録 刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る …
2010-12-11 Sat 18:19 せーにんの冒険記
『最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。そして、七花ととが... …
2010-12-11 Sat 19:32 Spare Time
刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)(2007/12/04)西尾 維新商品詳細を見る いるかそんなもん!ちぇりお――!! 毎月1話放送、「刀語」第12話の(ほぼ)感想です。 天下など。 (感想... …
2010-12-11 Sat 19:39 渡り鳥ロディ
チェリオオオオオオオ!! …
2010-12-11 Sat 21:05 今からやろうと2
刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る  10分ほど使用した七花ととがめの別れのシーン。第6話で先取りしていたのですね。右衛門左衛門が急所を外してくれたおかげか... …
2010-12-11 Sat 21:51 破滅の闇日記
そもそもきみは歴史とは何だと思う …
2010-12-11 Sat 23:24 本隆侍照久の館
 1年続いた刀語もいよいよ最終回…!1話がなんかもう昔のようです…。右衛門左衛門にとがめが撃たれるという、衝撃な展開で終わった前回…一体七花ととがめはどうなってしまうのでしょうか…?最後の戦いが七花を待ち受けていました。  ラストの七花対右衛門左衛門の... …
2010-12-12 Sun 00:01 コツコツ一直線
最強の刀 虚刀「鑢」 刀集めの旅、これにて終わり 刀語最終回 …
2010-12-12 Sun 01:11 雑食生活の日々
最後までたまに歩きつつも走りきった刀語は素晴らしい作品。 …
なんたる名作!! 歴史ドラマに特有の面白さ・感慨深さが、ぎゅっと濃縮された物語だった! …
2010-12-12 Sun 01:58 妄想詩人の手記
その刀身はただ真っ直ぐに行く末を見つめるのみ …
2010-12-12 Sun 02:05 穹翔ける星
「私が死んだら、ちぇりおを気合を呼び覚ますための 掛け声として日本中に流行らせてくれ」 …
2010-12-12 Sun 09:18 深・翠蛇の沼
とがめ最後の奇策 …
2010-12-12 Sun 13:31 隠者のエピタフ
歴史とは作られるものではなく、紡がれるもの。というわけで、「刀語」12話(最終回)容赦姫よ安らかにの巻。とがめさんは死んだ。最期の会話は少々長かったが、あっさり死んだ。 ... …
2010-12-12 Sun 15:06 アニメ徒然草
炎刀・銃によって撃たれたとがめ!尾張幕府に献上される12本の刀。「拳銃VS無刀」あらすじは公式からです。最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙... …
2010-12-13 Mon 16:50 おぼろ二次元日記
『七花、私が死んだら“ちぇりお”を気合を入れる掛け声として、日本中にはやらせてくれ』 『“ちぇりお”を間違った意味ではやらせるなんて、俺一人じゃ出来ないよ』 まさかの流れに…途中まではこれも奇策の一環かと信じてた(涙) 刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生… …
2010-12-13 Mon 19:21 風庫~カゼクラ~
★★★★★★★★★★(10:素晴らしい) 運命と歴史の流れに翻弄された者達の、悲しくも前向きな物語。 凄く良かったですね。 ずしりと胸に痛みを伴うラストではあるのだけれど、 どこか晴れ晴れとした心持ちに... …
2010-12-13 Mon 20:32 サボテンロボット
(すっごくショボくれたとがめ…ではありません) 刀語 第12話(最終回)の所感です。 …
2010-12-14 Tue 00:34 アニメ与太話
刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将 ... …
左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。全てを否定する否定姫と対立していたとがめの名前が容赦姫。否定姫がとがめは全て... …
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。