FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

'07秋期アニメまとめ 「こどものじかん」

こどものじかん

スタッフ
原作:私屋カヲル
監督:菅沼栄治
キャラクターデザイン・総作画監督:石川雅一
シリーズ構成:岡田麿里
色彩設計:高谷知恵
美術監督:川本亜夕
撮影監督:高橋賢司
音響監督:岩浪美和
音響制作:ドリームフォース
音楽制作:ランティス
音楽:西田マサラ
アニメーション制作:スタジオバルセロナ
製作:こどものじかん製作委員会

キャスト
九重りん:喜多村英梨
鏡 黒:真堂 圭
宇佐 美々:門脇舞以
青木先生:間島淳司
宝院先生:田中涼子
レイジ:杉田智和

こどものじかん公式サイト:http://www.kojika-anime.com/index.html



秋期アニメまとめ"その5"

まとめをしようと思ったんですが、言いたいことはほとんど毎話のレビューで言ってしまってるという…


放送開始前から、ひぐらし解とともになにやら事件と関連付けたドタバタがあり、結局、テレ玉・三重テレビは放送自粛。AT-Xでは折り合いがつかず断念となってしまいました


内容はというと、
りんが、青木先生を振り向かせるために、大人っぽく振舞って頑張ります

けれど、夏休みのラジオ体操とかを見ると、やっぱり根は普通の小学生なんだな、なんて感じてしまいますね


6話の演出は非常に良かった
過去中心の描写が多い回で、現在を白黒で描写していた
その中で、りんの物にのみ、色がついていた
りんが秋さんの代わりへとなりつつあることの表現だったのだと思う


そして、レイジというモンスターピアレンツの存在
色々な発言がありましたが、どれも一方的に彼目線からしか言っていないのです
これで、客観的な目線からの発言ができれば…モンスターピアレンツになんかなりやしませんねw
子供のためとはいえ、あまりにも盲目的になりすぎるのは、親としていかがなものなのでしょうか
まぁ、レイジの場合は子供のためというよりは、秋さんとの約束のため…と言ったほうが正しいのでしょうか


そしてなにより、子供だから恋愛対象として見られていないというジレンマを持つりん
なにかとちょっかいを出したりしていましたが、最終回では青木先生にハグ…ではなく握手を求めています
りんも成長したのでしょう


そんな感じで、色々とありましたが、無事全話が終了しました
スタッフ及びキャストのみなさんは本当にお疲れ様でした

みなさんの応援しだいでは、2学期(2期)も存在する可能性もほのめかされています
良い意味でのこの挑戦的な姿勢は、是非保っていってほしいです
ただ、規制を売りにするというのは微妙な感じだから、自重して欲しい感がありますが…

こどものじかん 第11話 「みんななかよく」.flv_000193235



〔気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ
FC2ブログランキングにも参加しました。こっちも一押し(ry
FC2 Blog Ranking







関連記事

テーマ:こどものじかん - ジャンル:アニメ・コミック

[過去のアニメ]こどものじかん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~ 第196回 | HOME | 光臨 ―示された道標―>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ