FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

花咲くいろは 第12話 「じゃあな。」

■花咲くいろは 第12話 「じゃあな。」

脚本:岡田磨里 絵コンテ:橘正紀 演出:許 作画監督:許宰銑

「またね。」「じゃあな。」

「またな。」と返してくれなかった孝一。そうして気付いた自分の身勝手さと、孝一との「また」が無いことに涙する緒花。本人も言っていたように、緒花が泣く立場ではないですよね。間違いなく、緒花は孝一の気持ちにあぐらをかいていたわけですし、泣きたいのは、振り回され続けた孝一の方なのでは?

全ては一方的に緒花が進めていったせいなんですけどね。孝一に理解できることがあったのでしょうか?けれども、待ち続けていた孝一は大人だったような気がしますね。働くことの厳しさを知った緒花はまだまだ子どもで、環境が変わっていない孝一は大人で・・・。なんなんでしょうね(笑)。

自分のことしか考えていなかった緒花の自業自得な面もありますけれども、彼女も自分のことしか考えていなかった母親に振り回されていたわけなんですよね。自分のことしか考えていなかった母親の影響で、自分のことしか考えられないような状況になっている・・・という考え方もできるわけで。確かに緒花が悪いですし、そういう逃げをするのはよくないと思うのですが、どうしても緒花が全て悪い・・・とは言いたくないような(笑)。

緒花は、恋愛に、家族に・・・えらい境遇だと思います。11話ラストの、どうしたらいいのかわからずに叫びたくなってしまうような心境なのは痛いほど伝わってきました。だからこそ、自分が悪くても不器用ながら前に進んでいこうとする彼女を応援したくなるんですよね。不思議と。。。

孝一との恋愛面は、どこか区切りがついてしまったような形ですが、母親との関係については次回が山場のようで?次回は、親子三代が揃うわけで、親子の関係について、何らかのモノが見れるのでしょうね。

実は緒花と同じように、皐月も母親に反抗していたんですね。それは、母親の言っていることは全て正しかったから・・・。緒花は正しくないことを言われ続けたから反抗した、と真逆なわけではありますが、行き着くところは血筋もあって似てしまうのかなぁ・・・と思わせられたりもしました。どこか「かぶる」わけなんですよね。母親に振り回されてこんなことになってはいるものの、緒花自身も他人を振り回して自分がぼんぼるために行動しているわけで。。。

緒花には、とにかく悩んで悩んで悩み抜いてもらいたいものです。彼女の性格上、明確な答えを出すことはないのかもしれませんが、また一つ成長していくきっかけになればいいなぁ・・・と。彼女の思う、彼女のすべきことを見つけて欲しいものです。この作品は、そんな緒花のことを描いていく作品なのだと、改めて感じたのでした。


〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ





スポンサーサイト



テーマ:花咲くいろは - ジャンル:アニメ・コミック

['11夏期放送アニメ]花咲くいろは | コメント:0 | トラックバック:53 |

DOG DAYS 第12話 「4つの条件」

■DOG DAYS 第12話 「4つの条件」

脚本:都築真紀 絵コンテ:うえだひでひと 演出:岡辰也 作画監督:小島彰、山本善也 総作画監督:烏宏明

元の世界へ帰れることになったものの、そこには4つの条件が。フロニャルドから何も持ち帰ることができない、一度召喚された勇者は二度と戻ってくることはできない・・・というのがとてもツライところですね。では、今回はその条件を前にシンクが苦悩する・・・わけもなく、あっさり帰ることを決めてしまうのでした(笑)。けれども、そこには「なんとなく大丈夫な気がする」といった持ち前のポジティブさ、ですよね。最後の最後までブレない主人公にどこか安心させられるのでした。

そして今回は、締めに向けてのこれまで登場したキャラ多数と絡んでいくのが今回のお話。よくもまぁ2週間でこれほどまでのキャラと仲良くなれてなぁ・・・と素直に感心させられました(笑)。元の世界で大切な人たちの期待に応えることができなかったシンクは、フロニャルドでそれを果たすわけですし、完全なる「理想的な世界」がこのフロニャルドだったような気がするのですが、まさか夢オチとかそんなことはないですよね(笑)?

そんなわけで、あとは記憶と再訪不能な点がどうなるかなー・・・というわけではありますが、きっと、そこら辺は何とかなっちゃうんだろうなぁ・・・と思ってしまったり(笑)。いや、すべてを忘れてしまうのは悲しすぎるよなぁ・・・と思うのです。今回のような様々なキャラとの絡みを見ていると、なおさら・・・。オリジナル作品ではありますし、どんな結末になるのかはわかりませんが、きっと心が温かくなるような話になるような気がしてなりません。


〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ





テーマ:DOG DAYS - ジャンル:アニメ・コミック

['11春期終了アニメ]DOG DAYS | コメント:0 | トラックバック:35 |
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ