FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そふてにっ 第8話 「てっぺんっ」

■そふてにっ 第8話 「てっぺんっ」

脚本:鴻野貴光 絵コンテ・演出:中村里美 作画監督:猿渡聖加、小宮山由美子、藤田正幸 総作画監督:岡勇一、堀たえ子

あの禍々しいオーラを出す謎の少女の正体は・・・なんと、黒玉中の部長・獅堂岬だったのだ!な、なんだってー!

・・・と言ってみるものの、やっぱりこの作品はそんなにダークではありませんでした。むしろ、テニスコート以外ではドジっ子(?)というかどこか抜けてるような黒玉中の部長が普可愛らしいです。決して、中の人の影響とかじゃないですよ。普通に可愛いです。まぁ、テニスをプレイすると、禍々しいオーラを出してえらいことになっちゃうんだと思いますが・・・。

そんなわけで、今回はかなり面白かったです。テニスをしてない回が面白い!・・・なんて思ってないですよ。テニスをしてる回だって面白かったです。けど、今回は特に良かったです。Aパートは、試練(という名のウォーミングアップ)を突破するのが、なんかシュールで。Bパートは、気付いたら仲良く泊まりをしてるあたりが。・・・あれっ?ウォーミングアップの後の練習は・・・?まぁ、やったのかやってないのかはさておき、それを描かないのはこの作品らしいですよね(笑)。ああいっておきながら、ウォーミングアップだけで終わっていたのだとしたら、見栄を張っていた部長がなんか可愛いです。

テニス以外で魅せてくれる回なのでしたよ。次回は・・・テニスするとこでも魅せてもらいたいものであります。あっ、琴音が出ていってしまいましたが、作品的に考えて、別に心配してません(笑)!

余談ではありますが、今回面白いと思ったのが、それぞれのキャラが記号化されていたところなのです。明日菜=三本のアホ毛、琴音=ツインテ、千歳=メガネ、来栖=ジト目、エリー=あのかぶってるやつ(名前知らない)・・・といった具合で。暗闇になったところで、それぞれの記号化された特徴のある部分のみが描かれていたり、肉まん(?)でそれぞれのおっぱいを表現したしたときにも、記号化されたものが肉まんに描かれていました。なんか面白い。これは、ひだまりスケッチ×365のエンディングにおける、キャラの記号化と通じるものがある気がしますよねー。ご存知かと思いますが、エンディングディレクターとしてあの×365のエンディングを手がけたのは、この『そふてにっ』の監督である上坪亮樹さんなんですよね。・・・なんとなく通じるものがあり、ニヤリとしてしまったのでした。


〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ





スポンサーサイト

テーマ:そふてにっ - ジャンル:アニメ・コミック

['11春期終了アニメ]そふてにっ | コメント:0 | トラックバック:19 |

電波女と青春男 第7話 「誰かさんの思い出になる日」

■電波女と青春男 第7話 「誰かさんの思い出になる日」

脚本:綾奈ゆにこ 絵コンテ:平川哲生 演出:八瀬祐樹 作画監督:小関雅、小澤円

今回は前川さん視点の回。当たり前ではありますが、こうやって視点が変わると、それぞれが何をどう思っているのか・・・というのが少し見れて面白いですよね。

こうやって話を見てみると、前川さんはけっこう普通な人な気がします。まぁ・・・奇抜なコスプレしますけどね。この作品は、そういった表面的な部分に騙されてしまうんですよね・・・最初は。

リュウシさんもそうですけれども、表面的にはどこか個性的で不思議だったりするわけですが、実際は案外普通の女の子ですよね。リュウシさんが恋する普通の女の子だったのは、前回見ての通りかと。

エリオもそう言えるかもしれません。表面上では電波っぽさをつくろっていたものの、それは記憶欠落の恐怖から逃げるためでしたしね。

つまり、ちょっとおかしいように見えて、中身はさほどおかしくはない、それなりに普通な女の子たちのお話なわけですよ!いわゆる“電波的な女の子”というやつなんでしょうか。・・・そんなことを感じたお話なのでした。

エリオが電波じゃなくなった後、不思議とストーリーの起伏を感じないわけなのですが・・・それでも微妙に張られた伏線が今回やっと謎として取り上げられた感じでしょうか。ペットボトルロケットの謎。何のための誰のストーカーなのか。それは、今回のラストでの意味深な女々さん。これは次回に繋がってくる・・・?

それにしても、ペットボトルロケットを作るアニメですよ!「図工」というのはなんとなくワクワクしてきますね。いや、まぁ不器用なので得意ではなかったですが・・・(笑)。


〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ





テーマ:電波女と青春男 - ジャンル:アニメ・コミック

['11春期終了アニメ]電波女と青春男 | コメント:0 | トラックバック:31 |

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話 「ほんとの願い」

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話 「ほんとの願い」

脚本:岡田磨里 絵コンテ・演出:伊藤智彦 作画監督:山崎秀樹

めんまのほんとの願いとは、ロケット花火で神様にお願いを届けること?自分のことより他人のことばかりを考えるめんまだからこその願い・・・なのかもしれません。けれども、じんたんに内緒で集まろうとしていた・・・という徐々に明かされる過去についても気になるところです。もしかしたら、じんたんには知られたくない願いがめんまにはあるのでしょうか?

しかしながら、どんなときだって自分のことより他人のことを考える・・・というあの言葉は、案外じんたん自身にも言えることなのかもしれませんね。どんな時だって、自分のことを顧みず、他人のために動く・・・というのは。あなるに関する一連のことを見ていてそんな気がしました。だからこそ、じんたんはカッケーんすよ!そして、「もっと自分のこと考えろよ!」はブーメランになるわけですがね(笑)。

工事現場のライトを当てて、じんたんはピカピカに光っている・・・という演出はいいですねぇ。青春とは泥臭いもの!というのが描かれているような気がしました(笑)。なんとなく、考え方が古臭いような気がしないでもないですが、それがいいですよね。

それにしても、めんまって母親っぽいよなぁ・・・と思ったり。じんたんの世話を焼いてるあたりが(笑)。蒸しパンの味が母親みたい・・・というのも何となく引っかかったり。じんたんにとっては、めんまも、母親も両方亡くしているんですよね。その両方を補っている今のめんまの存在・・・というのはあながち、「じんたんの想像」であっても何となく納得できてしまうような気がします。

母親というと、「ふざけてるわね」とめんまの母親が言っているという事実に驚かされて今回は幕引きへ。ただ、気持ちはわからなくないんですよね。「ただ仲が良かっただけの赤の他人に何がわかるんだ」「今頃何をしてるんだ」「今さらになってめんまの死を思い出させて傷をえぐるのような真似をしてくれて」くらいのことを考えていても不思議ではないですよね。なんてったって、血縁なんですから。超平和バスターズがピックアップして描かれているわけですが、考える間もなく、めんまにとって一番近い存在は“家族”なんですよね。超平和バスターズの面々が未だにめんまに囚われているのであれば、家族だってそうであっても何ら不思議ではありません。そもそも、めんまの死の原因は超平和バスターズという存在にあるわけですよね?「アンタたちとつるんでなければめんまが死ぬことなんてなかった」といった具合で恨んでいても仕方はない気がします。そんなわけで、前回のめんまの母親の何とも言えない顔は、そんな複雑な気持ちがあったからなんでしょうね。

ただ、めんまにとって超平和バスターズの存在が大きかったのも言うまでもありません。「今日はみんなとあそびました。たのしかったです」と毎日続く日記の文面を母親も見ていて、それは知っていることでしょう。超平和バスターズの面々を恨んでほしくないのはめんまの願いだとは思いますが、そんなめんまの気持ちが母親に届けばいいんですけどね・・・。とは言え、じゃあ恨むなと言われたところで、死んでしまった事実は覆らないわけですから、母親はそのやり場のない気持ちをどこに向ければいいのかわからなくなるのも事実であって・・・なんとも難しいものだと思います。

いずれにせよ、ここにも一人、めんまの死に囚われ続けている人がいた・・・というわけなのでした。大人、そして家族、というどうやってもじんたん達以上の存在を、どのようにして乗り越えていくのでしょうか。


〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへ





テーマ:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル:アニメ・コミック

['11春期終了アニメ]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | コメント:0 | トラックバック:52 |
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。