FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「メメントモリ攻略戦」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第13話

機動戦士ガンダム00 2nd season 第13話「メメントモリ攻略戦」


第13話感想。

メメントモリ攻略!
ロックオンが決めてくれました。
ティエリア→ロックオンの連携は良かったですね。

やっぱりロックオンかっこいいなぁ…。
皆が「ロックオン!」と叫ぶシーンは鳥肌ものです。
フェルトだけは未だに「ライル」って呼んでましたが…。

それにしても、艦でトランザムは卑怯だなぁ…(笑)
繊細かつ大胆な、ある意味力押しの戦術でした。
…で、アレルヤの仕事はトランザムするだけ。
相変わらず扱いが酷いww

ラストで刹那に加勢したのは…ネーナ。
そういえば、メメントモリの内部構造は瑠美が流したと見せかけて、ネーナが流していたんですね。
彼女の動きが読めないってか理解しにくいなぁ…。
結局、彼女は瑠美から離反したんですかね?

そして荒熊裏切りフラグが進行中…?
訪れたのは…誰?


「メメントモリ攻略戦」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第13話…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

['09冬期終了アニメ]機動戦士ガンダム00 2nd season | コメント:0 | トラックバック:82 |

「閉ざされた過去」 テイルズ オブ ジ アビス 第14話

テイルズ オブ ジ アビス 第14話「閉ざされた過去」

外殻大地崩落の可能性を調べ始めたルーク達は、セフィロトの位置を確認する為、ダアトに向かう。そのダアトで、アニスの母がアリエッタの魔物に襲われ負傷。目撃したガイに、抜け落ちていた過去の記憶がよみがえる…!


第14話感想。

相変わらず、テンポよくお話は進んでいきます。
どこかで一休みしたいところですけどね…。
ルーク達的にも、視聴者的にも(笑)


ガイの女嫌いは、彼の欠落した記憶の部分に原因があった。
それは、目の前で姉が殺されたという恐怖。
彼自身は記憶にないけれど身体はそれをトラウマとして覚えていて、無意識のうちに拒否反応を示していた…というわけだったんですね。

そんな、目の前で家族を殺された恨みを晴らすため、ガイは主従関係のあったヴァンと結託して復讐を試みようとしていた。
よく思い出すと、1話の時点ですでに伏線となるシーンは存在していたんですよね。(ヴァンとガイが中庭で話していたシーン)

ガイがアニスを助けるシーンはやっぱりいいですね。
ガイが、自分の過去と向き合って、一歩を踏み出すことができたシーンですし。
まぁアニメだと、唐突に「あれは幻の~アゲハ!」なんて言うもんですから、アニスがかなり浮いてましたがw

「閉ざされた過去」 テイルズ オブ ジ アビス 第14話…の続きを読む

テーマ:テイルズ オブ ジ アビス - ジャンル:アニメ・コミック

['09冬期終了アニメ]テイルズ オブ ジ アビス | コメント:0 | トラックバック:21 |

「一方通行(アクセラレータ)」 とある魔術の禁書目録 第13話

とある魔術の禁書目録 第13話「一方通行(アクセラレータ)」

 自らを犠牲にして「妹達(シスターズ)」を助けに行くという美琴は、立ちふさがる上条に容赦なく雷撃を浴びせる。しかし上条は、決して右手を使おうとしない。美琴がなぜそこまでするのかと問いかけると、倒れた上条は意外な言葉を口にする。実験を止めるには、「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」の出した実験の大前提──「一方通行(アクセラレータ)」が最強という現実をひっくり返せばいい。そのために、自分が戦って彼を倒す、と。ひとりで軍隊を相手にしても笑っていられるような能力者と戦って勝てるはずがないと訴える美琴だが、上条は彼女から「一方通行(アクセラレータ)」の居場所を聞きだそうとする。そのころ、学園都市の西のはずれにある操車場では「一方通行(アクセラレータ)」とミサカの戦いが始まろうとしていた──。


第13話感想。

次回が気になる!
この引きで2週間後を待てとは…。


今回は、小萌先生の超能力講座以外には難しい話はありませんでしたね。
非常に分かりやすいお話でした。

つまり一方通行は、誰もが避けて通るような最強になりたい…と。
その部分だけ聞くと、どこの厨ですか?となってしまうんですが…
一方通行が完全なる悪役にも見えないんですよね。
何か理由があって、こう言うようになった気がしてならないわけで。
彼がこう考えるようになった経緯が知りたいものです。
そんな点に注目…ということで。

ラストでの粉塵爆発のための火を起こすには、ベクトルをどう変化させればいいんだろうか…?
熱量のベクトルを変化させればいいんですかね?

そんなチート能力を所持しており、近づくことすらままならない相手に、当麻がどう挑んでいくかも気になるところです。
最強と最弱の闘い。
いい謳い文句ですね。
当麻の右手が一方通行の右手をはじいたシーンは良かったなぁ…。シュールで。
035907277.jpg

「一方通行(アクセラレータ)」 とある魔術の禁書目録 第13話…の続きを読む

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

['09冬期終了アニメ]とある魔術の禁書目録 | コメント:2 | トラックバック:40 |

「仁、デレる」 かんなぎ 第13話(最終話)

かんなぎ 第13話(最終話)「仁、デレる」

昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は自分のすべきことを見出すのだった――。


第13話(最終話)感想。

どうやって終わらせるのか?と思っていましたが、きっちり原作どおりに締めてくれました。
やはり、これから一緒に探していこう!エンドでしたね。
2期の可能性も含めて、かなり良い締めだったのではないでしょうか。


014426771.jpg
ナギの失踪で、つぐみにも冷たく当たってしまう仁。
けれども、それにめげないつぐみはいい子ですよね…すごく。
前回からの陰鬱な空気を一気に払拭してくれたのは彼女でした。
仁が辛く当たったのは中学時代にもあったことだから、案外慣れていたのかもしれません。
そして、夏目漱石の「こころ」で気付かされたわけなんですね。

014611735.jpg
そして仁はナギを発見。これから一緒に探していこう!と。
「自我」という言葉を何度も耳にしましたね。
自分自身がわからない上に、その不安に耐えられない脆い自我。
そんな弱い自分は本当に神様なのか…?などと、自分をどんどん追い込んでいってしまったんでしょうね。。。
それにしても、鼻水が…。
014807629.jpg
これを切り出したのはちょっと後悔…。
妙にリアルだったなぁ…

014946031.jpg
そこへ、若いシゲさんが登場。
彼女は…亡くなってしまったんですね。四十九日まではこの姿でフラフラする、と。
これでナギが黒い服(喪服)を着ていることに納得しました。
彼女はナギが神様だとわかっていたのでしょうか…?
だとしたら、彼女こそがナギが神様だという証明になったのかもしれませんが…。

015104013.jpg
家に帰ってからの、留守電のシーンは最終回らしかったですねw
大鉄にはクスッとさせられました。

015229785.jpg
やがて…仁、デレる。
…というよりは、恋心を抱いて(気づいて)しまったんですよね。
確かに、あの「ありがとう」はかなりの破壊力が…。
同時に、ナギを押し倒している仁の姿を見て、つぐみも仁に何らかの特別な気持ちを抱いていることに気づいたんですかね。
これまでは、幼馴染みとか保護者とかそういう立ち位置だと自分に言い聞かせてきましたが…。
015256175.jpg


「仁、デレる」 かんなぎ 第13話(最終話)…の続きを読む

テーマ:かんなぎ - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]かんなぎ | コメント:0 | トラックバック:51 |
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。