FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「サクラマウ」 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話(最終話)

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話(最終話)「サクラマウ」

円神と対峙するヒメたち。ヒメは槍の刃を輝かせ、円神をじっと睨みつけている。
本物の龍槍を手に入れ力がみなぎっているヒメの力で妖怪のトカゲたちを次々となぎ倒していく中、
なんと円神の手にもその龍槍が現れる。
ヒメや秋名、事務所の面々、そして円神の最後の戦いが幕を開ける。



終わり良ければ全て良し!
…とでも言っておきましょうか。
絶対的に説明不足感が否めませんがw
結局、七郷の役割とは?龍槍の龍の力とは?
…原作を読んでない人は、半分以上が何が何だかわからないまま終わってしまったのではないでしょうか?
まぁ、尺を伸ばして説明を増やしたら面白いアニメになったかというと…そうでもないんですよね。

さて、最終回である今回は、ついに円神を調律。
身体の主であるギンには「街を守ってくれてありがとう」と言われ、全てが解決。
街には平和が戻りました――
…とかなり普通な感じで落ち着いてしまいました。
まぁ一番良い終わり方と言えば、そうなんでしょうが、心のどこか最終回に期待していた自分には若干拍子抜けしてしまった感があります。
とはいっても、これ以上の終わり方はないですよね、きっと。

秋名は最終回までヘタレでしたが、やるときはやってくれました。
その覚悟に達した要因はヒメのマフラーでしょうね。
マフラーが切られることで、彼女が大切にしていた仲間との思い出も断ち切られた…。
彼は、仲間や街を脅かす存在でしかない…と悟ったのでしょう。
自分はそう感じました。
…やっぱりそこら辺の心情の変化は描いてほしいですよねw
せめて、秋名がどう覚悟したのか…ぐらいは。

そんなわけで、桜真町には再び平和が訪れるのでした。
エピローグでの、ことはとアオのやりとりが一番面白かっただなんて、口が裂けても言えn(ry
どうして、日常生活のみを描いたお話をやらなかったのか、と今でも疑問でなりません。
シリアス展開のみで進めてきてこんな薄っぺらいお話になってしまうぐらいだったらなぁ…。
同じ松尾監督の「紅」という作品のように、前半は日常を描いて、後半から徐々にシリアス…という展開にしても面白かった気が。(そうすると、かなりオリジナルの話が増えてしまいますが)


「サクラマウ」 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話(最終話)…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:夜桜四重奏 - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~ | コメント:0 | トラックバック:12 |

「突然の出来事」 CLANNAD ~AFTER STORY~ 第12話

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第12話「突然の出来事」


第12話感想。

043000966.jpg
「渚。結婚しよう…」
鬱な展開だなー…なんて思っていたら、まさかの結婚ですよ!
まぁいずれは結婚すると思っていたのですが、こんなにも早いとは…。
ただただ驚きました。

行く宛のない怒りをぶつけようとした朋也を止めたのは渚。
彼女の顔を見た瞬間、朋也はこれ以上何かをしようとは思わなくなったんですよね。
きっと、直観的に感じたんでしょうね。
渚しかいない…と。

065910299.jpg
「でも、二人一緒なら強くなれます…」
お互いを弱いと自覚しあってる。だからこそ、二人で強くなっていこう…と。
いいシーンですね…。
朋也の微妙な表情の変化も上手く描かれていますし。
光の加減もなんだか幻想的です。
いいシーンなのだけれども、とても不思議な雰囲気でした。

プロポーズのタイミングがおかしいだろ!というツッコミは無しの方向でw

「突然の出来事」 CLANNAD ~AFTER STORY~ 第12話…の続きを読む

テーマ:CLANNAD -AFTER STORY- - ジャンル:アニメ・コミック

['09冬期終了アニメ]CLANNAD ~AFTER STORY~ | コメント:0 | トラックバック:60 |

「自立 -independence-」 CHAOS;HEAD 第11話

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第11話「自立 -independence-」


第11話感想。

ここにきて王道展開入りましたー。

うーん…演出次第でここまで変わるものなのか。
原作では、最終章直前でやっとタクが覚醒して「燃える展開キタ!」なんて思ったものですが。
…アニメだとなんだか安っぽく感じてしまいますね。
アニメでは、タクの追い込まれ具合が中途半端で、覚醒しても待ちに待った覚醒というわけではなく、王道展開だなぁ…なんていうことしか思わないわけで。
それに、ディソードを手に入れたときの盛り上がりもなんだか微妙だったなぁ…。
やっぱりディソードを手に入れる瞬間は「Find the blue」を流して欲しかった。
ディソードを手にした瞬間のBGMはなんか笑ってしまったよ…。
演出が非常に微妙でした。
024445894.jpg


さらにもう一つ。
タクが諏訪ちゃんを倒すとこはちゃんと描いて欲しかった。

「童貞の妄想力はすごいんだ――」

これさえ言えば、全てが報われたというのに…。
逆に言えば、なぜこの原作の名言を入れなかったのか謎で仕方がない…。
メタメタに杭を刺されて、ここまでか!と追い詰められる→「童貞の妄想力はすごいんだ」→妄想シンクロで形勢逆転
これでオタクヒーロー拓巳の完成で万事解決じゃないか!
右手といい、覚醒時といい、名言といい、ことごとく原作の良い部分を削ってるなぁ…。

「自立 -independence-」 CHAOS;HEAD 第11話…の続きを読む

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:24 |
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。