FC2ブログ

Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~ 第210回

4/5放送 A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~ 第210回
パーソナリティは鷲崎健(わしざきたけし)と浅野真澄


「マハラジャになりったい♪」
度肝を抜かれましたw
というわけで、milk rings新曲キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
OP・ED曲が2年ぶりに変更です!
「大成功して、大金持ちになりたい!」
作家・あさのますみの本領発揮ですw
前回と打って変わって、非常にかっこいい曲だと思いました(サビしか聴けませんでしたがw)

そしてアニスパ名物の野球中継延長…今回はナシ!
そんな今回は、「春のふつおた祭」
というわけで、待望の全編フリートーク回!
いやぁ、二人のかけあいが大好きな自分にとって、この日を待っていました!
いや、ゲスト回が嫌とかいうわけではなく、単純に二人のフリートークが聴きたかったw

「私、お金持ちの家に入るの大好きっ!」
辛くなったときにお金持ちの家の前に行って、「お金持ちの人も苦労して、巨万の富を得たんだなぁ…と考える」というのはなかなかいいですねw
楽して稼げるなんてことはないんですよ…。

「漫画家さんってのは、すーーーーーーーーーっごいお金持ちなんです!」
このアニスパ!は漫画家さんがよく聞いてくれてるとか。。。
畑健二郎のことか!!!
そして、22時台冒頭に畑先生の話題が本当に出ました(これで3週連続w)

…ってな感じでこの後、延々と最後まで金持ちについてのトークが続きましたw
今回は終始浅野さんのテンションが高かったですww
本当にお金持ちが好きなんだなぁ。。。
残念ながら、我が家はごく普通、もしくは、ちょっと貧乏な家庭です。
うーん、残念w
しかしながら、もうちょっと新曲の話してほしかったなぁ…。


そういえば、今回から「井口裕香超ラジGirls広報部」「藤田咲の音がナル箱庭」が始まりました。
井口さんの番組はなんとなくのほほんとした雰囲気でしたね。
藤田さんはテンションが高かったです…。

来週は「春アニメを見た?」というわけで、お馴染みのあの方たちが登場します。

〔気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
ブログランキング・にほんブログ村へb_03.gif
ブログランキング



A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~ 第210回…の続きを読む
スポンサーサイト



[ラジオ]アニスパ! | コメント:0 | トラックバック:1 |

「雨夜之月」 あまつき 第1話

あまつき 第1話「雨夜之月」


高校一年生の冬、六合鴇時(りくごうときどき)は最先端技術を利用した次世代型博物館・大江戸幕末巡回展を訪れる。そこはCGとの合体により、特殊なゴーグルをかけることで幕末を体験できるテーマパークだった。

ところが散策の途中、鴇時は突如現れた妖(あやかし)、鵺(ぬえ)に襲われ、江戸時代幕末に似てはいるが、人と妖が存在する異世界“あまつき”に飛ばされてしまう。

鵺から鴇時を救ってくれた少女・朽葉(くちは)や、鴇時と同じく幕末巡回展を訪れていたにもかかわらず2年も前に飛ばされていた同級生・篠ノ女紺(しののめこん)と出会い、元の世界へ戻る方法を探す鴇時。

その中で、“人”の側である姫巫女・銀朱(ぎんしゅ)や“妖”の側である梵天(ぼんてん)と出会い、鴇時は自らの使命を知ることになる。

元の世界“彼岸”に帰るために “あまつき”の破壊者となるか、“あまつき”を守るためにその主となるか。鴇時が取る行動とは――。



「実」とは何ぞや。
「虚」とは何ぞや。
「生」とは何ぞや。
「死」とは何ぞや。


なかなか深い作品ですね…。
一見して表面上は、江戸というより、異世界「あまつき」と言うんですかね)に飛ばされた…というファンタジーなお話ですが、その奥にあるものは、何やら簡単には理解し難いものがある気がします。
それこそ、「生」とは何か「死」とは何か、のような…。

さて、1話は意外と静かだったなぁ…なんて印象を持ちましたが、これは主人公の性格からくるものですかね?
主人公の性格自体がのんびりしていて楽観的だから、あまり事が重大でない気がしてならないのですが…江戸に飛ばされるって、マンガ的に考えてもエライことですよねw
さらに、目も取られたって…。
普通の人間なら、しばらくは理性を保つのでやっとでしょうw
楽観的な考えが、朽葉の癇に障ったようですが、鴇時はなかなかの大物のようで。彼女もそれは認めてるんじゃないでしょうか?

さて、肝心のなぜ飛ばされた?ということですが…
なぜ飛ばされたんでしょうね?w
あらすじを見る限り、何か重大な使命があるようですが…それはまた後々に明らかになることでしょう。

というわけで、次回が気になるところです。

って夜行の声キタエリかよww
もうキタエリじゃなくてもよくね?
ドラマCD版で声を当てていた、「中原」という人物は果たして出てくるのでしょうか…?


ところで、今作の監督は、古橋一浩さんですが、今期は「RD 潜脳調査室」の監督も同時に務めてるんですよね。
どちらかがおろそかにならないか、心配です…。
余談ですが、古橋さんと言えば、個人的には「テイルズオブジアビス」のOPを担当した方という印象が一番強いですかね。
初めてあのムービーを見たときは、鳥肌がたったものです…。

あっ。キャラデザは原作の絵に近いほうが良かったなぁ…。

〔↓気に入ってもらえたら、一押ししてくれると感謝です〕
にほんブログ村 アニメブログへb_03.gif
ブログランキング


「雨夜之月」 あまつき 第1話…の続きを読む

テーマ:あまつき - ジャンル:アニメ・コミック

['08春期終了アニメ]あまつき | コメント:0 | トラックバック:22 |

「初めてしちゃう?」 かのこん 第1話

かのこん 第1話「初めてしちゃう?」

田舎から転校してきた純朴少年、小山田耕太は、積極的な先輩、源ちずるに出会ったその日に押し倒されてしまう。

ちずるには人目を気にしない一途な性格と、他を寄せ付けない美貌やナイスバディだけでなく、隠されている秘密があった。なんと、ちずるの正体は狐の妖怪だったのだ。

ちずるの弟たゆらや、クラス委員長の朝比奈あかねを巻き込んで、妖怪も通う薫風高校のいちゃいちゃラブラブ学園ライフの幕が開く。



天気雨…「狐の嫁入り」か。
ARIAでも天気雨のお話ありましたね。
そんなこんなで、狐のちずると少年耕太のお話は始まります。

って、もう二人出会ってるんかw
たゆらと朝比奈もすでにかなり仲良くやってるようで。

仕方ないわ、男なんてみんなケダモノだもん。
仰せの通りでございます…。
「ホモの嫌いな女はいない。」という某名言と同じくらい、その通りかとw

田舎はきれいな空と、たくさんの自然。
都会は美女とおっぱい。
…これは、田舎者が勘違いをするぞw(いや、しないと思うがw)


「初めてしちゃう?」 かのこん 第1話…の続きを読む

テーマ:かのこん - ジャンル:アニメ・コミック

['08春期終了アニメ]かのこん | コメント:6 | トラックバック:29 |

「ドルアーガの巨塔/ジルの冒険」 ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第1話

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 表1話「ドルアーガの巨塔」/裏1話「ジルの冒険」


アヌの夏—。
五年に一度だけ訪れるこの時期は、天上のアヌ神の加護により、
塔内の魔物は皆ひとしくその力を失ってしまう。
 ギルガメシュ王により建国されたウルク国は、北方に「塔」の復活を確認すると、出現した魔物の征討を理由に「塔」内部への侵攻を開始。
以来このアヌの夏の到来を見計らい、上層階への進撃を目標に塔内に拠点を作り続けてきた。
 嘗て、ドルアーガの塔を彩った勇者ギルと巫女カイの物語が伝説として伝承された八十年後の世界……。
ついに三度目のアヌの夏が訪れようとしている。
 塔内第一階層に最初に建設された拠点「塔内都市メスキア」は、塔と共に復活を遂げたと目されるドルアーガ討伐の為、三度目の出征に備えるウルク国軍と、塔最上階に眠るという伝説の秘宝「ブルークリスタルロッド」の噂を聞きつけた冒険者たちで賑わっていた…。



――――――――――――――――――――――――――――

ここまでイントロダクション(公式サイトより)
以下も公式サイトより、第1話あらすじ


 英雄ギルガメスによって崩壊した「ドルアーガの塔」が80年の歳月を経て復活した。邪神ドルアーガを倒す為、ウルク国は何度も軍隊を塔に派遣するも、その遠征はことごとく失敗い終わる。そんな中、女神イシターの啓示を受けた青年ジルは英雄王ギルガメスにより、邪神を打ち倒す勇者の証として光輝く黄金の鎧と剣を拝受する。かくして民衆の歓喜に見送られ邪神討伐に赴いたジルは途中、弓使いのニーバ、メイジのファティナなど心強い仲間とめぐり合い、見事「塔」最上階への登頂を果たすのだった……!


「ドルアーガの巨塔/ジルの冒険」 ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第1話…の続きを読む

テーマ:ドルアーガの塔 - ジャンル:アニメ・コミック

['08春期終了アニメ]ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | コメント:1 | トラックバック:37 |
| HOME |

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ