Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「使命 -mission-」 CHAOS;HEAD 第12話(最終話)

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第12話(最終話)「使命 -mission-」


第12話(最終話)感想。

ついに「CHAOS;HEAD」も最終話!
原作をプレイしていたので、かなり期待していたアニメなんですよね。
前回「うーん…」となってしまいましたが、最終回はかなり上手く締めてくれました!
相変わらず「えっ?えっ?」という部分もありましたが、そこも含めてこの「CHAOS;HEAD」という作品なのでしょう。
文字通り、頭がカオスになるようなお話…ということで(笑)


151120387.jpg
星来タソ襲来は、なかなか笑えるシーンでしたね。
一応これはトラップですのでw
星来タソ惨殺!…までは描かなかったようですが。
そういえば、アニメでは前半ウザイほど頻繁に出ていた星来タソですが、後半は悉く空気だったなぁ…。

151228960.jpg
ハーレムルートの妄想。
これ実は、Bルート…言わば、バッドエンドの妄想だったんですよね。
妄想を妄想で重ねる…という拓巳らしい回避のしかたに繋げたのは上手かったなぁ。

151349320.jpg
黒騎士(ヒロインズ)集結→コキュートスの川へのオリジナル要素。
説明不足感は否めませんが、こういった地形の利用は上手かったですね。
拓巳戦闘中のヒロインズに陽の目を当てたのも○
原作だと、拓巳戦闘中は完全に空気ですし…。

151434974.jpg
ヒロインズが拓巳の呼称を呼びかけるシーンも良かったですね。
拓巳自身のアイデンティティの完全なる形成…とでも言いましょうか。
原作のAルートとAAルートの分岐を上手く描いてくれました。
これによって拓巳はAAルート…即ちトゥルーエンディングを見ることができたわけですね(笑)
そして、このシーン→OPが流れるところは鳥肌ものでした。
前回ディソード入手時にOPを流さなかったのは、ここで流すために温存していたわけなんですね。
なるほど…納得。

151609124.jpg
「好きな女の子のために、人類の幸福を犠牲にする!」
拓巳かっこえええええ
オープニングが流れるシーン+このセリフがカタルシスとなった気がします。
そしてついに…野呂瀬&ノアⅡを破壊!

ラストで、梨深が拓巳を殺そうとする理由は、“あまりにも人間として常軌を逸脱していたから”だと思っていたんですが、
さらに、“将軍を助けるために拓巳を殺そうとした”という理由もあるみたいですね。
梨深自身が拓巳のことを好きだったのと、本体が先に死んでしまった。
その二つの理由が重なって、梨深は拓巳を殺すことができなかったんですよね…。
拓巳にとっては、トゥルーエンドの道を歩んだ結果となりました。
将軍が拓巳と一つになったかのようなセリフの演出は良かったですねぇ…。(一つになったわけでなく、単なる受け売りではありますが)
151904942.jpg


「使命 -mission-」 CHAOS;HEAD 第12話(最終話)…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:29 |

「自立 -independence-」 CHAOS;HEAD 第11話

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第11話「自立 -independence-」


第11話感想。

ここにきて王道展開入りましたー。

うーん…演出次第でここまで変わるものなのか。
原作では、最終章直前でやっとタクが覚醒して「燃える展開キタ!」なんて思ったものですが。
…アニメだとなんだか安っぽく感じてしまいますね。
アニメでは、タクの追い込まれ具合が中途半端で、覚醒しても待ちに待った覚醒というわけではなく、王道展開だなぁ…なんていうことしか思わないわけで。
それに、ディソードを手に入れたときの盛り上がりもなんだか微妙だったなぁ…。
やっぱりディソードを手に入れる瞬間は「Find the blue」を流して欲しかった。
ディソードを手にした瞬間のBGMはなんか笑ってしまったよ…。
演出が非常に微妙でした。
024445894.jpg


さらにもう一つ。
タクが諏訪ちゃんを倒すとこはちゃんと描いて欲しかった。

「童貞の妄想力はすごいんだ――」

これさえ言えば、全てが報われたというのに…。
逆に言えば、なぜこの原作の名言を入れなかったのか謎で仕方がない…。
メタメタに杭を刺されて、ここまでか!と追い詰められる→「童貞の妄想力はすごいんだ」→妄想シンクロで形勢逆転
これでオタクヒーロー拓巳の完成で万事解決じゃないか!
右手といい、覚醒時といい、名言といい、ことごとく原作の良い部分を削ってるなぁ…。

「自立 -independence-」 CHAOS;HEAD 第11話…の続きを読む

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:24 |

「洗礼 -purification-」 CHAOS;HEAD 第10話

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第10話「洗礼 -purification-」


第10話感想。

駆け抜けるように、次々と新しい事実が明らかに…。
目が回るような展開なんだろうなぁ…と思ったり。
まぁそれでこそカオスなんでしょうがw
やっぱり原作をやってないと優しくないよなぁ…。

作画はもはやご愛嬌です。


ついに明かされる拓巳の真実。

030539818.jpg
「タクはギガロマニアックスの妄想によって作られた人間なの…」
拓巳は、「西條拓巳」という人物の妄想によって作り出された人間。
実家がなかったのは、作られた記憶による「この場所に家があるはず」という思い込みによるもの。
本当はいちゃいけない存在だったわけなんですね。
そして、妄想する度に本物の命が削られていく…。
だから梨深は拓巳を止めようとしていた。
そう仕組みになっていたんですね。

張り付け事件現場での血を流した梨深の謎は、4つの妄想が重なった結果だったんですね。
拓巳と梨深とニュージェネの犯人と…
あと一人は将軍の妄想…ですかね。
それぞれがどんな妄想をしていたのかは語られていないので分からないのですが、拓巳が現場で梨深を見たのは「犯人は美少女」という三住からの噂を聞いていたからなんでしょうね。
将軍の妄想は、拓巳を精神的に追い詰める(早く覚醒させる)ための現場の余計な演出かな?


「洗礼 -purification-」 CHAOS;HEAD 第10話…の続きを読む

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:21 |

「拒絶 -rejection-」 CHAOS;HEAD 第9話

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第9話「拒絶 -rejection-」


第九話感想。

今回も物凄い情報量でしたね。
一つの事柄を理解できないまま、次の展開へ…という感じ。
これは視聴者に優しくないww
ただ、「カオスヘッド」という名前から考えれば、視聴者を混乱させるこれくらいの展開が丁度いいのかもしれませんが。
しかし、話が繋がり始めたのも事実。
これまで謎だった部分が明らかになると、やはりすっきりしますねw

というわけで、お話はいよいよ核心へと…。
ついに、これまで謎だった拓巳という存在が明らかに…?
「この世界にタクの帰る場所はないの」という梨深の言葉。
病室に書かれていた「西條拓巳」という名前。
この二つの事柄を繋げれば、自ずと拓巳という存在が明らかになる…はず。
まぁ色々な考え方ができるとは思いますが。

そして、この事件の全ての始まりも明らかに。
それは拓巳が何気なく紙に書いた「fun^10×int^40=Ir2」の公式だった。
なぜ子供の彼がこんな公式を書いたのか…というのは置いといて、やはり拓巳が絡んでいたんですね。
まぁ解説等は以降で。
といわけで、以下は本編の詳細です。

「拒絶 -rejection-」 CHAOS;HEAD 第9話…の続きを読む

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:24 |

「連動 -linkage-」 CHAOS;HEAD 第8話

CHAOS;HEAD(カオス;ヘッド) 第8話「連動 -linkage-」


第八話感想。

原作をプレイした身からすると、オリジナル展開に違和感感じるなぁ…。
話がわかりにくいとはいえ、やけに説明口調だし、
倒してみたら「そいつは俺の分身だ!」…っていつの時代のヒーローものですかい?w
やっぱりO-FRONTの七海救出クエがないと違和感大アリな展開になってしまいますね。
ラストの、野呂瀬に捕らわれた人物についても展開が急すぎるし。
うーん…右手の代償はでかいなぁ…。なんて言ってみる。
戦闘シーンはなかなか良かったですがw

それと、戦闘シーンでセナと梢の過去について語られましたが、そこはもうちょっと深く触れて欲しかったかなぁ。
ただでさえヒロインなんて空気なのに、そこまで省いたら見せ場があまりにも…。
って彼女たちは一応今回活躍したからいいんですかね?w
今回活躍した分、過去のお話はカット…と。

それにしても、戦闘シーンでの主人公が空気すぎるw
やっぱりディソードがない拓巳はただのヘタレですね。
まぁある意味彼らしいヘタレさが出ていて良かったと思いますが。
原作は救いようのないぐらいでしたからねぇ…。

そんなわけで、やや迷走したものの、梨深の帰還で再び原作通りのお話に。
次回はIr2の謎が明らかになるかなー?

「全ては妄想だった、そんな安っぽいオチは用意されてませんよ」
野呂瀬のこの言葉が、スタッフの言葉に聞こえてなりませんw
期待してますよw

以下は本編の詳しいお話。


「連動 -linkage-」 CHAOS;HEAD 第8話…の続きを読む

テーマ:カオス;ヘッド -Chaos;Head- - ジャンル:アニメ・コミック

['08秋期終了アニメ]CHAOS;HEAD | コメント:0 | トラックバック:22 |
| HOME | NEXT

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。