Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TVアニメ 「true tears」 ドラマCD

発売日は6月25日だったんですが…やっと聴くことができました。
ちゃんと発売日には買えていたんですがねw

最終回での空いた時間を埋めるストーリー…ということだったんですが、
この本編を聴いて…
これらのストーリーをあの綺麗な映像で見たかった!
なんてことを心から思ったものですよw

三者三様なんですが、結局は三人とも新たな一歩を踏み出しているんですよね。
確実に皆成長している…。
そんなことが感じ取れたドラマCDでした。

比呂美・愛子・乃絵。それぞれに関して、三部構成になっています。
それぞれの章についてのお話は以下から。


TVアニメ 「true tears」 ドラマCD…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:true tears - ジャンル:アニメ・コミック

['08冬期終了アニメ]true tears | コメント:0 | トラックバック:0 |

「君の涙を」 true tears 第13話

true tears 第13話「君の涙を」

理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティックに人の内面を曝け出す。真の自分を知った彼らは、招く結果に関わらず、もう一度大切な人と真っ直ぐに向き合うことを選ぶ。一度は雪で覆われた大地を、春の訪れが再び開放するように、眞一郎はホントに全部ちゃんとできるのか?


ごめんなさい。眞一郎の踊りを見てたら自分も出来るかなって。
最悪の状況も想像しただけに、骨折ですんだのなら何よりで…。
そして言葉通り、自分も飛べてなかったことを確信したのでしょう。

俺、あんたの言う通り、あんたのこと好きじゃなかった。これっぽっちも。
やっぱり、全ては乃絵のため…。
乃絵に幸せを押しつけても、それは彼女自身にとって必ずしも幸せではないんですよね…。

親父ってどういうとき泣く?
心が震えたとき…か。いい答えですねw
考えれば考えるほど、深い言葉です…。

_000535406
その代わり、邪魔するのも嫌だから、ちゃんと…ちゃんと向き合って欲しいの。私とも、石動さんとも。
結局、眞一郎はちゃんと向き合ってなかったんですよね。
「全部、ちゃんとするから。」と言っておいて、全部ちゃんとしてなかった。
それは、どこかに乃絵を心配する気持ちがあったから…。
けれど、全てちゃんとするために…眞一郎は絵本を持って乃絵の元へ向かう。

待つのって、体力いるのよね。
眞一郎の母は昔の自分と重ね合わせているのでしょうね…。
母さんの昔の話も気になるところですが…。
(そう言えば、眞一郎の母と比呂美の母の間に何があったか、というのは結局語られませんでしたね。)

俺、比呂美が好きだ。けど、お前を見てると心が震える。
眞一郎にとって、乃絵はほっとけない存在。けれど、結局それは恋愛感情ではなかったのでしょう。
けれど、彼女とのふれあいで、眞一郎は大きく成長したのではないでしょうか。
そして最後の眞一郎のアブラムシの歌は圧巻でした(ちょっと笑ってしまいましたがw)
_001015208

君の涙を、僕は拭いたいと思う。今の僕には、それができる。
これが眞一郎の答え。
それにしても、ずっとそばにいるって…本当にプロポーズみたいだなぁw
_001120690


季節は流れて、春へ。

「君の涙を」 true tears 第13話…の続きを読む

テーマ:true tears - ジャンル:アニメ・コミック

['08冬期終了アニメ]true tears | コメント:2 | トラックバック:35 |

「何も見てない私の瞳から…」 true tears 第12話

true tears 第12話「何も見てない私の瞳から…」

最愛の妹が自立しようとする姿を、愛おしく見守ってきた兄の眼差し。抑制のきかない感情に苦悩し続ける純。麦端祭りの当日、松明に照らし出された舞台で力強く飛翔する眞一郎の雄姿を、群衆が、乃絵が、比呂美が、愛子が見つめる。自分の本当の姿と向き合うことができた今、眞一郎は何のために踊るのか、誰のために跳ぶのか。


飛べないことに胸を張ること、それは飛ぶことと同じ…
乃絵はそう悟る
自分で決めなくちゃ、楽しくないし嬉しくないし泣けない…
彼女が今まで自分で決めてなかったとは思えませんが、彼女がそう思っているのならそうなのかもしれません
しかし、涙を流すことのヒントには気付けたようです

「何も見てない私の瞳から…」 true tears 第12話…の続きを読む

テーマ:true tears - ジャンル:アニメ・コミック

['08冬期終了アニメ]true tears | コメント:0 | トラックバック:28 |

「あなたが好きなのは私じゃない」 true tears 第11話

true tears 第11話「あなたが好きなのは私じゃない」

祭りの準備で賑わいを見せる町。眞一郎は絵本を書きあげたものの、乃絵に見せることをためらう。一方、乃絵と比呂美は、自分以外の存在が眞一郎の心の中で揺れ続けていることに、やり場のない焦燥感を募らせるばかり。そんなある日、真夜中に比呂美の携帯が鳴った。緊迫した純の声に、比呂美は複雑な戸惑いを覚える。


私、雪の海が好き!
比呂美は雪が好きになったのでしょうか?
雪が嫌いと言っていたのは、母親とのいざこざがあったからですし、それを考えると比呂美は過去に雪が好きだった気持ちを取り戻しているのかもしれません

あなたが好きなのは私じゃない
当然と言えば当然か…
純の契約も乃絵の幸せを考えてのことですし、根本から純が向いている方向は比呂美ではなく乃絵だったのでしょう
これで比呂美は純と決別しましたが、純は諦めるのでしょうか…?


「あなたが好きなのは私じゃない」 true tears 第11話…の続きを読む

テーマ:true tears - ジャンル:アニメ・コミック

['08冬期終了アニメ]true tears | コメント:0 | トラックバック:29 |

「全部ちゃんとするから」 true tears 第10話

true tears 第10話「全部ちゃんとするから」

事態の流れに翻弄され続ける不本意な関係。そんな自分を断ち切ろうと、乃絵、比呂美、愛子は、それぞれの選択を決意する。眞一郎の自転車は、全てを吹っ切るかのように疾走する。長い間のわだかまりは確実に溶けだしたかに見えた。しかし、彼らを取りまく環境は、複雑に絡み合ったままだ。


兄弟じゃなかった…!
素直に喜ぶ、比呂美と眞一郎
そして比呂美は動き始める…

「全部ちゃんとするから」 true tears 第10話…の続きを読む

テーマ:true tears - ジャンル:アニメ・コミック

['08冬期終了アニメ]true tears | コメント:0 | トラックバック:32 |
| HOME | NEXT

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。