Welcome to our adolescence.

趣味の変化もクソもなくて、アニメ関連のことだけを書いてるブログになっていましたとさ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終話)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終話)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」

脚本:伊藤美智子 絵コンテ:二瓶勇一 演出:岩崎良明 作画監督:小渕陽介、青井小夜、清水祐実、新垣一成、斎藤敦史、斉藤美香


今回のお話はどこかうやむやになっていた涼子の気持ちをしっかりと描いたお話。いや、これまでも態度を見ていれば彼女の気持ちというものは察しがつくのですが、やはり改めて言葉にしないとしっくりこないものですよね。まぁ結果的には涼子らしく「嫌いじゃない」と答えたわけですがw

何かと不幸なマチ子さん。マッチ売りの少女っぽい不幸さがあるからマチ子さん?父親の借金を背負わされそうになった不幸で健気な女の子。あれ?逃げた父親が悪いのであって、取り立てに来た人達はさほど悪いことしてるわけじゃないんじゃ(詳しい法律は知らないのでツッコないで下さい)・・・と思ったけれど、その人達すら警察へ付き出してしまう御伽銀行恐ろしいところ!さらに、借金をチャラにするほどの貸しを与えて、彼女は一体どうなってしまうんでしょう・・・(笑)

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終話)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:オオカミさんと七人の仲間たち - ジャンル:アニメ・コミック

['10夏期終了アニメ]オオカミさんと七人の仲間たち | コメント:0 | トラックバック:41 |

オオカミさんと七人の仲間たち 第11話「おおかみさんと羊の毛皮を着た狼」

オオカミさんと七人の仲間たち 第11話「おおかみさんと羊の毛皮を着た狼」

脚本:伊藤美智子 絵コンテ・演出:鈴木洋平 作画監督:堤谷典子、冨永詠二、冨岡寛、伊藤香織 作画監督補:小林絵実子


めでたしめでたし…?

「果たしてめでたしなのだろうか?」とすっきりしないのですが、その原因は言わずもがな「羊飼との対決は?」という部分なのでして。なんとなくラストで亮士と涼子のニヤニヤするシーンを見せられてはぐらかされた気がしないでもないわけなのですが…。

まぁ羊飼いとの決着については次回を見てみないとわからないんですが、さすがに羊飼にしっかりとやり返す様を見せてもらわないとすっきりしないので、次回に期待したいと思います。パンチ一発で終わりというのも寂しいものですし。頭取の言う「御伽銀行の力」とやらを見せてもらおうじゃないですか!


オオカミさんと七人の仲間たち 第11話「おおかみさんと羊の毛皮を着た狼」…の続きを読む

テーマ:オオカミさんと七人の仲間たち - ジャンル:アニメ・コミック

['10夏期終了アニメ]オオカミさんと七人の仲間たち | コメント:0 | トラックバック:37 |

オオカミさんと七人の仲間たち 第10話「おおかみさんと御伽銀行のすごく長い一日」

オオカミさんと七人の仲間たち 第10話「おおかみさんと御伽銀行のすごく長い一日」

脚本:伊藤美智子 絵コンテ:大上相馬 演出:松澤健一 作画監督:谷口繁則、小林絵実子 作画監督補:山元浩、山本道隆


ラストに向けてなかなか盛り上がってきましたね。ちょっと予想外に面白くなってきたので驚いておりますw

色々な事柄が終盤でまとめて起こる様は、なんだか見ていてワクワクしますね。いや、追い詰められてく様を見ていて楽しい!とかそういう変態気質なわけではなくてですねw まるで序盤で貯めた借りがまとめて仇となって降ってきたかの如く、御伽銀行の面々が襲われて散り散りになっていく展開が盛り上がるわけですよ。

1話完結が続いていたため、こういう何が起きているのかが微妙に謎めいた次週へ持ち越しにされるとやたら気になってしまいます。ただ、どう収束するのか・・・というのはあまり期待していないんですけれどね。これまでもある程度型に嵌った落とし方でしたし、今回もそうなんだろうなぁ…と思ってしまうのです。

なので、ちょっと予想の斜め上を行く展開を期待しております!・・・ってこの作品にそういうのを求めるのはちょっと違うのかもしれないですけどw

オオカミさんと七人の仲間たち 第10話「おおかみさんと御伽銀行のすごく長い一日」…の続きを読む

テーマ:オオカミさんと七人の仲間たち - ジャンル:アニメ・コミック

['10夏期終了アニメ]オオカミさんと七人の仲間たち | コメント:0 | トラックバック:39 |

オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」

オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」

脚本:伊藤美智子 絵コンテ・演出:青井小夜 作画監督:青井小夜、斎藤敦史、新垣一成


アニメで、それもお伽話をモチーフにした作品なのに、今回は導入がやけにリアルだw
母親が白雪さんの父親を奪ったとか、白雪さんと母親を追い出したとか…。
このドロドロさはあまり最近の萌えアニメでは見られないようなものな気がしますね。
どちらかというとドラマで好まれそうなお話です。
そのギャップが!・・・どうなんでしょう(笑)

これまで色々と謎に包まれていた腹黒少女・林檎ちゃんの境遇が、担当回というだけでこれほどあっさり明らかになってしまうのはなんだか拍子抜けしてしまいますが、彼女も人並み…いや、それ以上に悩んでいることがあったのだというものです。
前回、精神年齢が~なんて言われていた林檎ですが、そんな言葉を忘れてしまうくらいに姿相応な言動をしていたような気がします。

オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」…の続きを読む

テーマ:オオカミさんと七人の仲間たち - ジャンル:アニメ・コミック

['10夏期終了アニメ]オオカミさんと七人の仲間たち | コメント:0 | トラックバック:41 |

オオカミさんと七人の仲間たち 第8話「おおかみさんとねずみの嫁探しとやっぱり豚はこういう扱い」

オオカミさんと七人の仲間たち 第8話「おおかみさんとねずみの嫁探しとやっぱり豚はこういう扱い」

脚本:白根秀樹 絵コンテ:二瓶勇一 演出:河村智之 作画監督:藤井昌宏、森前和也 作画監督補佐:谷川亮介


個人的にはこれまでのお話の中で一番面白かったです。

やっぱり過去に登場したキャラが再び出てきているのが大きい気がします。
これまでのゲストキャラもあれだけ個性的な面々だったわけですし、
単発の登場で終わらせてしまうにはもったいないキャラばかりですよね。
そのキャラの個性を短い尺の中で上手く描いていました。
あえて、その個性をポジティブな面とネガティブな面から指摘する…という手法で。

途中から、「この執事は一体何を言ってやがるんだ!?」と思ったりもしましたが、
結末を見たときには「なるほど!そういうことだったのか!」と納得。
まぁ要するに茶番だったわけですが、それに振り回された面々も、ストーリー上(結果的には)違和感なくそのキャラの個性を指摘されているわけですから、そのキャラの個性が出ないはずがないわけなのですw
キャラが多いためにそれぞれのキャラの登場はやや短い尺になってしまってはいましたが、それが逆に今回のテンポの良さにもつながっている気がします。
落しどころもなかなか上手くて、なおかつそこまでの過程も上手いので言うことがありません。

“過去に御伽銀行に貸しを作ったキャラがどう再登場してくるのでしょうか?”
…なんて感じで放送開始直後は楽しみにしていましたけれど、まぁその期待とはかなり逸れてしまってはいますが、過去に登場したキャラが面白おかしく描かれていたのでこれはこれでいいかなーと(笑)

オオカミさんと七人の仲間たち 第8話「おおかみさんとねずみの嫁探しとやっぱり豚はこういう扱い」…の続きを読む

テーマ:オオカミさんと七人の仲間たち - ジャンル:アニメ・コミック

['10夏期終了アニメ]オオカミさんと七人の仲間たち | コメント:0 | トラックバック:38 |
| HOME | NEXT

最近の記事

カウンター

2007/11/13~

検索

カテゴリー

最近のトラックバック

※ご存じの方もいるようですが、こちらのブログ、相性の悪いブログからのTBははじかれてしまうことがあるようです… ご承知の上でのTBをお願い致します。

最近のコメント

RSSリンクの表示

相互サイトリンク

(順不同)

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。